趣味の無線Wiki

みんなで作るアマチュア・フリラ無線の情報サイト

ユーザ用ツール

サイト用ツール


noticeboard:6mはhf

掲示板

6mはHF?

, 2019/12/05 00:54

無線機の分類のところをみて6mがHFに含まれてるのに違和感を感じ、「HF」の用語のところを見ると「アマチュア無線では50MHzもHFに入れることが多い。」とありますが、そうなんですか?(知らないので聞いています)
たしかに30年位前からHF機に6mが入ることが多くなってましたが、「HF+50MHz」だと思います。
周波数で定義されているので6mは「VHF」であると思いますし、アマチュアが誤用しているならまず正したいと思っています。

コメント

test106.180.15.42, 2019/12/10 08:15

一般的にはVHFの中に入りますし、自分としてもVHFとして捉えてます。 オーストラリアではTV用として長らく使われていて、つい最近TVのデジタル化に伴い解放されたと聞いています。 コンディション次第でDXとも交信出来る手軽で面白いバンドですね。

test61.245.126.163, 2019/12/05 01:55

電波法ではなく、HF/VHF/UHFの定義のつもりでした。
無線機の方、まだ説明の方が50MHzが短波になっちゃってます。

それとVHF機とUHF機はまとめて「VUHF機」でいいんじゃないかと思います。
モノバンド機もありますが、たいてい両方出れるのが人気?
(自分の手持ちも、30年前のものを覗くとみんなデュアルバンド)

あと最近はHF~430までカバーできるものもありますね。
IC-705、楽しみです。

saitamatk168, 2019/12/05 02:41

VHF/UHFをまとめることも考えましたが、現時点ではID-31のようにモノバンドの入門機もあるので、分けて記載する方が便利だと思います。

saitamatk168, 2019/12/05 01:18

調べてみました。

1)
 ITUや情報通信白書の分類では3-30MHzが短波(HF)に分類されています。また、アマチュア無線とは関係ありませんが、総務省令電波法施行規則第2条第1項第24号の2に「短波放送:3MHzから30MHzまでの周波数の電波を使用して音声その他の音響を送る放送」とあります。そのため、(アマチュア無線に限れば)「HFは3-30MHzと法律で定義されている」とまでは言えないと思います。

2)
 ページの趣旨からして「初心者に優しい記載」という側面から考えると、メーカーの記載に準拠し、慣用的な使い方は備考とするのが良いと思います。アイコムヤエスのページを見ると、ご指摘の通りの“HF+50MHz”の記載があるので、この記載に合わせて更新しておきます。

コメントを入力:
画像の文字が読めなければ、文字を読んだ.wavファイルをダウンロードして下さい。
 
noticeboard/6mはhf.txt · 最終更新: 2019/12/05 01:01 by 61.245.126.163